高良とみ一行アジア太平洋地域平和会議準備会議の日程

5/28以降、一行の接待をアジア太平洋地域平和会議準備会議が引き継いで以降、在中国日本人との面会や農村視察などの日程が組み込まれた。これらは日本側も希望したことが想像されるが、そうした日程を消化するには招聘団体の切り替えは打って付けであり、中国国際貿易促進委員会の管轄の外にあったものだと思われる。

 

アジア太平洋地域平和会議関連日程

5/26 南漢宸(中国国際貿易促進委員会主席、モスクワ国際経済会議中国主席代表)と会談。アジア太平洋地域平和会議準備会議への出席を打診される。於:中国銀行本店 高良、宮腰は即答で快諾、帆足はオブザーバーとしての出席を希望。帆足は夜には正式代表になることを決意。

5/27 劉寧一(アジア太平洋地域平和会議準備会議秘書長、中華全国総工会副会長)と会見。於:北京飯店

5/28 一行の接待をアジア太平洋地域平和会議準備会議が引き継ぐ。

   劉寧一招待の昼食会。劉より細菌戦ならびに平和会議について話される。

   ・会議日程の延期 ・日本向放送の日時、時間 について

6/2  アジア太平洋地域平和会議準備会議招待のカクテルパーティー

   郭沫若(中国人民政府副総理、中国保衛世界和平委員会主席)に会う。

6/3  アジア太平洋地域平和会議準備会議開会 於:北京飯店

   晩餐会、蔡延鍇(元一九路軍長将軍)と同席。

6/4  アジア太平洋地域平和会議準備会議本会議

6/5  アジア太平洋地域平和会議準備会議本会議

6/6  アジア太平洋地域平和会議準備会議本会議(午前流会)

   アジア太平洋地域平和会議準備会議終